ガレージのためのプレートを充填する

ガレージのためのプレートを充填する

アマチュアgarazhestroenieは驚異的な勢いを増して自家用車の数の増加、およびドライバーの大半は自動車の保管のための安価で、同時に非常に丈夫なボックスを構築しようとしている。付マシンを維持したいと沈下で問題が発生する可能性がの構造、およびアカウントにサイトでの土壌の性質に関する情報の完全な欠如を取って考えると、ほとんどの場合、溶液 - 最高の基盤はガレージの下で一枚岩のスラブである受け入れました。

ガレージの下にスラブを注ぐための掘削の準備

技術的には、ガレージの建設のためのコンクリートスラブベースの準備と製造は、浅い土台の配置と変わらないが、違いは仕事の範囲内にあるだけである:

  • 将来のプレートの正確な位置が現場に記録され、計画作業が行われ、土壌および土壌は40-50cmの深さまで除去される。
  • 砂利 - 砂利混合物のいくつかの層の枕が敷かれ、転倒し、フィルム、断熱材および防水が施される。
  • 取り付けられた型枠は、2本のバー補強材を敷設し、最下部は防水材から3〜4cm、最上部はプレートの最終上面から5cmのところに置いた。
アドバイス! どのように、どのような材料からガレージの壁を取り除いても、石積みまたは壁のキャスティングでバーを用いてさらに包帯するために、垂直のウィスカーの形でプレートの基部から補強材を解放することが理にかなっている。

したがって、ガレージボックスを強化するためにプレートの過剰な剛性を効果的に使用することが可能である。ガレージの壁にフィッティングを積み重ねると、全体の構造がはるかに強くて硬くなります。天井がプレート鋳造の形態で計画されている場合、補強材はガレージの壁を強化するだけであり、場合によっては補強ベルトの製造に必要性はない。

最初に、補強の下層を配置して包帯します。 「カエル」または標準カップを敷設した後、第2層の補強材を取り付ける。ロッドを編まなければならず、それらを溶接する必要はない。ほとんどの専門家は、アーマチュアの保護層に違反しないように推奨事項を促すソフトワイヤーで編みすることを推奨しています。現実には、ワイヤーで編むことで、強力かつ同時に移動可能な補強骨格を得ることができます。型枠を注ぐ過程では、継手は動かず、ガレージの基礎が堅くなると、バーを結ぶことで、コンクリート内の応力を均等にして補償することができます。

あなたの手でガレージの下にストーブを満たす方法

ソフトウェアパッケージを使用した標準的な強度計算は、120mmの1階ガレージの基礎のためのソリッドボードの厚さの最適値を与えます。 6×4メートルの大きさのガレージボックスの底部については、約3立方メートルのコンクリート溶液となる。

実際には、スラブベースの厚さは、計算された値よりもいくらか高く選択されます。

  • まず、 ガレージの床を少なくとも10cm上に上げたいという欲求があります。ほとんどの場合、プライベートガレージでは、ガレージドアを使用します。したがって、玄関の前には氷雪が沢山あり、冬場でもゲートを正常に開くためには隙間が必要です。
  • 第二に、 斜めのシャワーであっても、溶融した雨水は車庫の中に入るべきではありません。
  • 第3に、 高いストーブは、予期せぬ状況(例えば、土台の一部の沈下、または室内に入る前の地面の打ち抜き)においても、ガレージの通常の使用を保証する。
重要! 最後の点は特に重要であり、ガレージデザインを設計する際には注意が必要ですが、多くの自動車運転者は危険で無視され、ドアを開けることで多くの問題を抱えています。

ガレージファウンテンスの下のスラブベースをコンクリートに一度に充填することをお勧めします。ミキサー内のコンクリート溶液の容積が十分でない場合は、3時間以内の時間差で注入を行わなければなりません。

注入後、アイロン装置でコンクリート溶液の表面を水平にする必要がある。こうして、非常に滑らかでしっかりとした基礎が得られる。

ガレージの下で地下室の形態を最適化する方法

スラブの厚さは120mmで十分ですが、高い基礎を構築するには十分ではありません。フロアレベルを上げるために厚さ0.5メートルの土台を埋めることは、高価で無意味です。 0.5mのスラブの場合、少なくとも12立方のコンクリートまたは26-30千ルーブルの追加費用が必要となる。したがって、しばしば、基盤の珍しい基盤 - セクタルに頼る。

このようなプレートの構造は、浅い基礎のいくつかの平行なリボンと比較することができ、その上に本格的な薄いモノリシックスラブを鋳造する。補強のレイアウトは標準バージョンと変わりありません。

このような基礎を組み立てる技術は、以下の順序で行われる。ガレージの周りと輪郭の内側には、深さ50cmの溝が引き出されています。輪郭の中には、浅い土台の縦と横の2つのストリップがあります。砂利クッション、防水、EPSがあります。テープ間のスペースは、慎重に圧縮され、砂が剥がされ、続いて防水および断熱材が敷設される。リボンは、2本のバーのストラップの下部と上部に補強されています。モノリシックスラブは、1つの層に独自の補強フレームを備えています。

型枠および全体的なパイプレートをインストールした後MZLFは、約20cmの高さまで地上上昇する。起因レイ層エップスに地上に上昇高いときに得られ、この非常に薄鋳造スラブで。その結果、補強リブで補強された薄型モノリシックガレージの基礎が得られます。

1つのボリュームのミキサーで1回だけ座って、基礎プレートの任意の変形を注ぎます。具体的なソリューションの見積もりバージョンには約5つの立方体が必要です。これは、KAMAZに基づくコンクリートミキサーの標準装薬に相当します。

ガレージ下のモノリシック地下室の特徴

主板の主正特徴は、コンクリートブロックから構築されている場合でも、弱いおよび湿潤土壌の基礎ケーキの適切な形成の場合にセメントをモノリスことであり、ガレージのボックス全体を強化します。さらに、ガレージは住宅用の建物ではありませんが、車両用の保管場所、工具、スペアパーツ、不必要なゴミ箱などが頻繁に使用されます。

ガレージの下にあるストーブは、マンションの地下室とは何が違うのですか?

ガレージの下に置かれたストーブは、住宅の建物の基礎よりも厳しい条件の下で動作しますが、ほとんど加熱されません。特定の用途のために、多くの追加要件が発生します。

  1. しばしば、ガレージ空間は加熱されないので、固体プレートは基本的に内部熱によって加熱される。したがって、建物の箱がガレージ協同組合の近くの列の壁に壁を必要としない場合、スラブ基礎は完全に断熱されなければならない。
  2. モノリシック・スラブは、しばしば浮動スラブと呼ばれますが、スラブ・ファウンデーションがどのような条件でも問題なく立てられることを意味するわけではありません。それは重いレンガの箱入りの家の条件の下で完璧に動作しますが、強力な土と高い地下水の打ち抜きによって軽いガレージの重さの下に落ちる可能性があります。
  3. 奇妙なことには聞こえますが、スラブの配置では、型枠をコンクリートモルタルで補強し、世界で最高の基礎を得ることはできません。ガレージの前壁の下の基礎板の部分のゲートと他の部分との負荷は、主に不均一な動作条件のために異なる。
情報のために! 基礎の基礎に対する最も不確実な要素の1つは、ガレージに貯蔵された輸送である。車の到着時に、壁の正面の圧力は一度にほぼ2倍に増加する。

ガレージの下でプレートの前縁を強化する必要があるのはなぜですか

ガレージ基礎板がベルトと補強材を補強することなく標準バージョンで作られている場合、車からの荷重は時には数ミリメートルの小さな、時にはベースのたわみを引き起こす可能性があります。厚さ100〜120mmの適切に強化されたスラブの強度は、破損することなく変形に耐えるのに十分である。

主な危険はこれではありません。エアバッグを高める圧縮や枕を引き起こす汚れた粘土、砂、破損またはタンピング技術、基部の先端の周期的な偏向を使用して正しくスラブ基礎の下に配置されている場合は、最終的に小空洞は、プレートの下に形成されています。時間が経つにつれて、雨季に空洞が水で満たされ、そして形成された氷の霜後に基礎スラブの先端部を持ち上げるために開始されます。

情報のために! このような問題の最初の兆候は、石膏に亀裂が生じ、ガレージドアが貧弱に閉鎖されることになります。

措置を講じないと、薄くて柔軟なプレートが、完全な亀裂が現れるまで、ガレージの壁を引き続き破壊します。この場合、ガレージの土台を注ぐ際にスラブベースから解放されたアーマチュアは非常に便利です。

プレート保存の主な条件は効果的な排液と適切なブラインドエリアです

まれに、幸運なことに、土の層の下にガレージを建てるための敷地には岩があり、スラブは防水材を敷設した後に単に掘削された穴に投げ込めます。しばしば反対に見つけられます - あなたは粘土を大量に除去し、砂利を注ぎ、ジオテキスタイルを敷き詰め、砂の層を敷くだけで、その後はコンクリートを注ぐ必要があります。この場合、砂クッションを敷設する前に、有孔パイプから分岐した排水システムを作る必要があります。

少なくとも2つのパイプは、プレート基礎の前部の下に、ガレージの入り口のコンクリートエリアの下に置かなければなりません。この場合、地下水や地表水を効果的に除去し、膨潤のリスクを完全に回避することは通常可能です。

結論

効果的な排水システムは、厚さ25cmまでの強化基礎板を破壊することができる土壌の変形および破壊に関連する問題の99%を回避する。タンクに集められた水は、家のニーズ、例えば車の洗浄に非常に役立ちます。

  • ストリップの基礎のためのデッキ

  • 発泡スチロール製の家屋用テープパイルの基礎

  • 地面とビデオの上に細かく剥がしたリボンファンデーション

  • フレームハウスの下に細かく剥がされたリボンファンデーション

1 Звезда2 Звезды3 Звезды4 Звезды5 Звезд
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

− 1 = 8

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!:

map