屋根裏部屋の床温まり

屋根裏部屋の床温まり

屋根裏部屋のフリーエリアはさまざまな方法で使用できます。この場所が不必要な物の保管のための倉庫として役立った時代は、過去のものになりつつあります。民家のオーナーはますます多くの屋根の下に居心地の良い屋根裏部屋を装備し、そこに余分な生活空間を装備することを好む。現実にそれを翻訳するには、屋根を断熱する必要があります。どのような材料がこれらの目的に最適であり、屋根裏断熱材のプロセスがどのようなものであるかについて詳細に説明する。

ポリウレタン発泡体の特性

屋根裏部屋の定性的な温暖化のためには、使用される材料の特性を調べる必要があります。環境安全面では、ポリウレタン発泡体が他の断熱材の中でもトップを占めています。さらなる操作の過程で、それは部屋の人の身体に有害な影響を及ぼさない。屋根裏絶縁のための断熱材を選択する際のPPCの重要な利点は、高度の接着である。鉄筋コンクリート、木材、金属のいずれの材料にも完全に接着します。例外はポリエチレンとフッ素樹脂の表面ですが、屋根裏部屋の配置中にそのような屋根裏を満たすことはほとんど不可能です。

ポリウレタンフォームは、液体状態の屋根裏を断熱するために使用される。処理される表面と接触した後、それは数分間凍結する。噴霧プロセスのために、ポリウレタン発泡体の構造は多孔性となるので、空気飽和絶縁材料は熱を完全に保つ。ポリウレタン発泡体の気泡発泡構造は、その特有の特性を決定する:

  • 水に対する耐性;
  • 蒸気の浸透を防ぐ。
  • 高度な遮音性。
  • 低レベルの可燃性(物質は自己消火性、燃焼困難、難燃性の3つのグループに分類される)。

断熱材のポリウレタンフォームは、菌やカビに強く、攻撃的な化学物質と接触しても活性を示さない。それは酸、アルカリ、溶剤、ガソリンおよびオイルの影響を受けないので、金属の腐食を引き起こさない。材料がその特性特性を保持する温度変動の範囲は、-150oСから+150oC.

注意! 屋根裏部屋がポリウレタンフォームで断熱されている場合、蒸気と防水を追加的に適用する必要はありません。

PPUの特長

屋根裏断熱材をPPUで整理する決定には、多くの利点があります。

  • 任意の表面との定性的な接着。
  • 絶縁層の厚さは、付随する要素の影響によって変化する。
  • 最小限の熱損失は、加熱コストの低減をもたらす。
  • 屋根裏の断熱材として使用されるポリウレタンフォームは、屋根の剛性を強化するのに貢献します。
  • 層が最小の厚さを有するので、PUFを使用するときのスペースの損失は最小限に抑えられ、他の絶縁体を選択する際には達成できない。
  • ポリウレタン発泡体の適用は、屋根構造の梁と垂木との間の部分を含む、到達が困難な場所で可能である。
  • ポリウレタン発泡体によって断熱材が製造される屋根裏部屋の防音は、高いレベルにある。
  • ポリウレタン発泡体は、変形の影響を受けない。屋根裏部屋の屋根裏部屋の後でそれは崩壊しない、それは膨らまない、収縮は完全に不在である。
  • 製造業者は、四半世紀の間、最低限の動作期間を保証します。
  • スパッタリングの方法は、材料の経済的な消費に寄与し、したがって、屋根裏部屋のコストを低減する。
  • 操作中、PPU断熱材は有毒なフュームや単に不快な臭いを放ちません。

重要! 液体ポリウレタンフォームは、処理された表面の全ての亀裂および空洞の品質充填のために、屋根裏の断熱のためのモノリシックシームレスコーティングの形成を提供する。

ポリウレタン発泡体の複数の利点は、いくつかの欠点を伴う。キーは、高い技術的プロセスです。ポリウレタン発泡体の使用による屋根裏部屋の断熱は、特別な装置の利用可能性なしにはできない。コンポーネントを混合するとき、またはスプレーが断熱コーティングの品質に影響する可能性があるときは、規制を遵守していない。また、火災の影響を受けてくすぶるPPUの特性に注意する必要があります。

断熱技術

屋根裏部屋の暖かさに直接進む前に、準備手順を整理する必要があります。

施設の準備

屋根裏部屋の暖かさの間のプロパティの劣化を避ける次の手順に役立ちます:

  • すべてのものと家具は、より安全な場所に移動する必要があります。屋根裏部屋の断熱のプロセスは、空の部屋で行わなければなりません。
  • 窓ガラスは液状発泡体の泡によっても損傷を受ける可能性があるため、布で塞いだり、フィルムで覆ったりします。
  • 任意の物体の表面からポリウレタンフォームを除去することは非常に困難であるため、同様の動作がドアで行われる。

重要な段階は、古いコーティングから壁や天井を掃除することです。ラックやチップボードの形の仕上げ材がまともな状態であれば、それを取り外すことはできません。ポリウレタンフォームの表面への接着性を高めるには、すべての残骸、汚れおよびほこりを取り除く必要があります。

ヒント! 屋根裏部屋の作業が始まる前に屋根裏部屋が断熱されていることをお勧めします。これにより、部屋のほこりのレベルが低下します。

必要な道具と材料

屋根裏部屋の床の断熱を行う予定の場合は、その中のすべてのコンポーネントの可用性を考慮する必要があります。

  • 液体ポリウレタン発泡体および水のための2つの容器;
  • スプレーガン;
  • オーバーオール、靴と手袋を含む。
  • マスクまたはレスピレータの形をした保護具。
  • 前記屋根裏部屋の内面を清掃するための掛け布団とスパチュラと、
  • ポリウレタンフォームを覆うためのブラシと塗料。

屋根裏断熱処理の全段階の主な動作に関する情報を慎重に検討する必要があります。技術的プロセスの複雑さを考えると、ポリウレタン発泡体との絶縁作業は専門家に委託するのが最善です。特殊な機器の使用は、独立して作業を行う際には主張できない定性的な結果を保証します。

ポリウレタン発泡体の適用手順

ポリウレタン発泡体マスターをスプレーするプロセスへの引き付けは高価ではない。しかし、改良されたデバイスが利用可能になると、屋根裏部屋の全工程が大幅に加速されます。最初の重要な点は、必要な層の厚さを決定することです。熱計算では、周囲の温度と壁の厚さ、壁の厚さ、壁の厚さ、壁の厚さなどを考慮します。

注意! 厚さを決定する際には、壁の透湿性基材とポリウレタン発泡体の層の境界に露点を持たないことが重要である。露点は必然的に蒸気透過層の境界の外側になければならない。

屋根裏の断熱材の平均厚さは10~15cmである。ポリウレタンフォームの単一層を製造することが望ましい。必要であれば、より厚い層を形成し、スプレーを数段階で行う。

重要な条件は定性的に準備された表面であり、清潔で乾燥していなければならない。断熱の間の屋根裏部屋の温度の背景は、10から15oC.次に注目すべき点は湿度です。許容されるパラメータを超過すると、ポリウレタンフォームの気泡または開放気孔が形成され、場合によっては材料の剥離が生じる。

PPUの屋根裏の断熱技術は、スプレーガンから塗料を塗布する手順とある種の類似点を持っています。

  • 銃の動きは下から上に運ばれます。
  • 均一な適用に従うことを忘れないでください:ポリウレタン発泡体の層は、凹凸を有するべきではありません。
  • 紫外線の有害な影響から保護するために、断熱プロセスの終わりにPPUを塗料で処理することを推奨します。

プロセスのニュアンス

屋根裏部屋の断熱材に対する処置は、予防措置の義務を守って行われます。作業者は、化学的な攻撃から身体を最大限に保護する、全体としての噴霧の手順を実行しなければならない。特殊なスーツがない場合は、類似の品質の防護服を使用し、靴、手袋、ゴーグル、呼吸用マスクを補充する。

作業を開始する前にポリウレタンフォームの2つのコンポーネントを接続するときは、正確な1:1の比率を達成する必要があります。第2の重要な点は、注意深く混合することです。いずれかの成分の体積または不均一な質量の増加は、絶縁層の定性的特性の変化をもたらす。

屋根裏部屋の目的に応じて、断熱は2つの方法で行われます。住宅用建物としての更なる運用により、屋根裏の床にポリウレタン発泡体の断熱材が作られ、天井は排他的に処理にさらされます。木製のラグの間にポリウレタンフォームがスプレーされます。他の場合には、断熱層が床面に噴霧される。同時に、換気システムの整備を行う必要があります。

  • 床の断熱

  • 屋根断熱材、ポリウレタンフォーム

  • 家の屋根に垂木を設置する

  • 中断した垂木の建設

1 Звезда2 Звезды3 Звезды4 Звезды5 Звезд
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

− 3 = 5

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!:

map